固定観念を捨てるとみえるもの ~日本神話~

今回は日本の神話についてです。

前回、天照大神について書いてますので、続きみたいな感じになります。

神話を本気で信じてる人はいないと思いますが、なぜ神話を作る必要があったのか。

そういう目線で書いていこうかなと思います。

今回、捨てるべき固定観念は 天皇は特別な人種ではないってところでしょうか。

最後まで読んでもらえるよう、頑張って書いていきます!

 

神話の作成

記紀

古事記日本書紀を合わせて記紀(きき)という呼び方をしたりします。

どちらも同じ時代に作られたものです。時期は大化改新後の時代。

藤原家が命令して作らせたものです。神話はこれに書かれています。

神話を書こうとしたのか、歴史を書いたつもりが神話になったのか。

 

古事記の信憑性

日本書紀古事記は、同じ事柄でも内容が異なります。

その場合、古事記が正しいことになっており、日本書紀は諸外国に対して盛った話という位置づけになっています。

古事記日本書紀に対して信憑性があるということですが、それは2択の中での消去法に過ぎません。

そんな古事記ですが、最初に作ったものは火事で焼失します。

そのだいぶ後に再度作ったものが今に伝わっています。

 

稗田阿礼

もう一度作るにあたり、のちの世においても前代未聞の手法をとります。

消失前の内容を全部覚えてます!っていうおじさんの言葉を書き記す手法です。

すごいです。会社でもマジか!ってものを国家レベルでやるわけです。

当然のことながら、合ってるかどうかなんてわかりません。

なにか指摘されても、このおじさんが悪いで済むので便利ではあります。

そして現代に伝わっているのは そのあやしい記憶の書を鎌倉時代に写本したものです。写本が完璧だったかどうかもわかりません。そんなレベルです。

 

神話の内容

概要

超簡単に一言でまとめると 天皇は神様ですよ ということです。

いろいろ書いてありますが、伝えたいことはそういうことです。

真面目に読むとアマテラスやスサノオの話があった後に天孫降臨したり、今までの話はどこの話だよってツッコミたくなります。

読み終わっての感想はわけわからん。だと思います。

自称神が俺TULEEEE!をするだけですね。

まぁギリシャ神話も似たようなものですけどw

日本特有な所は、中国神話と仏教と道教アイヌ神話と実話をごちゃまぜにしつつ 名前だけ変えてるところでしょうか。

 

コラボ作品?

目を洗ったら〇〇という神が生まれたとかは、仏教です。

塩が固まって国ができたってのはアイヌ神話です。

呪ったり呪術などを連想させるものは、道教です。

天照の返し矢は、おそらく聖徳王と物部氏の戦いですかね。

天皇って言葉自体、三皇五帝からで中国神話です。

 

天照大神

日本各地に神社があるように、民衆の信仰は稲作を伝えた天照に対してでした。

別にオーラがすごかったとか、見た目が神様だったからではないです。

人々は現実的な恩恵に感謝し、その行いを神としただけだと思います。

圧倒的な信頼があり、その子孫を名乗れば楽に正当化できるはずです。

しかし、神話でのアマテラスは人々に対してなにも恩恵がないんです。

そこが神話と神社の大きな違いです。

 

国譲り

神話で面白いのは、神武天皇天皇の祖先)は饒速日から、建御雷(藤原の氏神)は大国主からとそれぞれ国譲りがあります。

神様ですね はいどーぞ と国を譲る統治者はいません。

もちろん、それ以前に八咫烏や金鵄の話、長脛彦との戦いもあります。ですが最終的に統治者が変わるためには民衆の支持を得ないと実現しません。

その描写が全くない。民衆の後押しがあったわけでもない。

王とは民がいての王であり、神とは信仰する民がいての神だからです。

なのでこの国譲りが一番不自然で、結論だけを急いだ小説という印象を受けます。

しかもやってることは脅しやゆすりでしかないんです。

 

神話の背景

時代背景

大化改新で旧王族(天照)の子孫を抹殺し、権力を手にした藤原氏にとって自分達を正当化するものが必要でした。

蘇我氏を一方的に悪者にしてある程度は体裁を保っていましたが、朝鮮に進出しようとして敗北(白村江の戦い)、各地で反乱が起こり、仏教では自分達を絶対者に押し上げることができませんでした。

そこで中国から得た知識による神格化を計画したんじゃないか・・と思っています。

唐の皇帝である則天武后を参考に女性の絶対者を思い描いた結果、天照は女性になったんではないかと思います。

 

則天武后

中国、唐の皇帝で女性です。中国三大悪女の一人ですが、日本にとっては日本という国号を認めた人物で、この人がいなければ日本という国名にはなりませんでした。

中国での評価は、かなり自分中心の皇帝で自分文字まで作ったり、擦り寄る者を大事にする人でした。

賄賂が横行して真面目な人は報われないパターンの皇帝ですね。

そんな思いのままに振る舞う姿が影響を与えたんじゃないかと思います。

 

古代中国の統治

少し話がそれますが、古代の中国は中国神話の末裔を名乗るものが王として統治していました。

それを倒した周という国もまた神を封印した仙人として自分達を神格化したわけです。(封神演義

そして戦国時代を経て、統治する王は神ではなく優れた人間に変わりました。

秦の始皇帝も圧倒的な存在ですが神だとは言ってないです。

天によって認められた統治者という位置づけです。

 

神話の完成

しかし当の藤原家は功績がなく、手っ取り早く正当化するために殷や夏のような神の末裔による統治を真似ようとしたんじゃないかと思います。

日本には民衆から絶対的な信頼を持つ天照がいましたから、それを神格化しつつ自分達側に引き込んだと考えると、古事記の内容は自分的に辻褄が合います。

ただ焦るあまり、民衆のことを書くのを忘れたんじゃないかと。

 

まとめ

天皇を神様や特別な存在と定義しなければ、一方的に神ですよと押し付けているだけにすぎません。

その神格化計画の主犯は藤原不比等持統天皇だと勝手に思っています。

ただこの辺は人によってさまざまですね。手塚治虫天智天皇だと思ってたみたいですし、宮崎駿斉明天皇だと思ってたんじゃないかと。

 

私は元々、天皇は日本にとって大事な存在、守るべき存在だと思っていました。

昔から神社だってあるし、そんな嘘なわけがないと思っていましたが、興味をもって学んでみると、神社と神話とは完全に別物でした。ショックでしたね。

別に反日というわけではないです。